GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
012学習院大学大学院法学研究科法学論集 >
学習院大学大学院法学研究科法学論集 1-19+(1993-2012) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/87

タイトル: <判例研究> 遺体を解剖し摘出した臓器等を標本にして保存している病院に対して、遺体の所有権に基づいて臓器等の標本の引渡を求める相続人の請求が認められた事例
その他のタイトル: <Case Study> Note on Civil Law Case
著者: 磯本, 典章
イソモト, フミアキ
Isomoto, Fumiaki
誌名: 学習院大学大学院法学研究科法学論集
号: 11
開始ページ: 191
終了ページ: 197
発行日: 2004-3-20
ISSN: 0919391X
URI: http://hdl.handle.net/10959/87
出現コレクション:学習院大学大学院法学研究科法学論集 1-19+(1993-2012)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
daigakuinhogaku_11_191_197.pdf304.07 kBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。