GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
040人文 >
人文 1-12+(2002-2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/4133

タイトル: 事前の努力量とテスト後の原因帰属との関係 : 努力帰属と運帰属に焦点を当てて
その他のタイトル: The Relationships among the Amount of Preliminary Effort and the Scores of Causal Attributions : Focusing on Attributions of Effort and Luck
著者: 竹綱, 誠一郎
土井, 孝典
鎌原, 雅彦
タケツナ, セイイチロウ
ドイ, タカノリ
カンバラ, マサヒコ
Taketsuna, Seiichiro
Doi, Takanori
Kambara, Masahiko
誌名: 人文
号: 15
開始ページ: 71
終了ページ: 82
抄録: 我々は、事前の努力量と課題遂行後の4 つの原因帰属得点の5 変数の関係を検討するために、実験的研究を行った。実験参加者は大学生47 名であり、彼らに対連合学習課題を課した。50 ペアからなる課題リストを配布し、1 週間後にそのリストから10 ペアを出題するテストを実施した。事前の努力量を測定するために、テスト直前に50 ペアをどれだけ習得しているかを調べた。テスト後、各参加者の得点をフィードバックし、参加者全体の平均点と得点分布も提示した。さらに、成功―失敗と原因帰属を問う質問項目に回答させた。成功群では事前の努力量と努力帰属に有意な正の相関があった。一方、失敗群では事前の努力量と運帰属に有意な正の相関があった。努力帰属と運帰属の相関関係については、成功群ではほとんど関係がなく、失敗群では両者に有意な負の相関があった。事前の努力量が多いのにもかかわらずテスト場面で理不尽な失敗(irrationalfailure)をした者は、その原因を不運に帰属していた。 We did an experimental study to examine the relationships among five variables (the amount of preliminary effort and the scores of four causal attributions after the test session). Fortyseven undergraduate students participated in this experiment and were assigned a pairedassociates learning task. Participants were given a task list including 50 pairs. One week later, they took a test consisting of 10 pairs from the list. Just before the test, they were instructed to write the answer of all pairs to measure the amount of preliminary effort. After the test, they were given their own test score and informed of the average score and the score distribution of all participants. Moreover they rated items in a questionnaire including success-failure and causal attribution. In the success group, there was a significant positive correlation between preliminary effort and effort factor. On the other hand, in the failure group, there was a significant positive correlation between prior effort and luck factor. In the correlation between factors of effort and luck, there was little relation in the success group. However, there was a significant negative correla tion in the failure group. The person who experienced an irrational failure attributed the cause of failure to being unlucky.
発行日: 2017-3
ISSN: 18817920
URI: http://hdl.handle.net/10959/4133
出現コレクション:人文 1-12+(2002-2014)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
jinbun_15_71_82.pdf262.75 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。