GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
040人文 >
人文 1-12+(2002-2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/4132

タイトル: 主体から切り離された身体感覚とフェルト・センス
その他のタイトル: Body Sense Separated from One’s Autonomy and Felt Sense
著者: 伊藤, 研一
西澤, 善子
イトウ, ケンイチ
ニシザワ, ヨシコ
Itoh, Kenichi
Nishizawa, Yoshiko
誌名: 人文
号: 15
開始ページ: 57
終了ページ: 69
抄録: 「主体から切り離された身体感覚」と「フェルト・センス」との相違について論じた。まず、アトピー性皮膚炎の女性クライエントを提示した。著者の一人、伊藤は第2 回面接でフォーカシングを適用した。彼女は自分の背中が「安全」だと感じた。肘の内側のフェルト・センスを感じたとき、彼女は腕で身体を抱えながら震え始め、そのことは彼女が苦痛を感じていることを示しているように思われた。治療者は彼女に背中を感じるように伝えた。震えははまもなく止まり、落ち着いてきたと語った。フォーカシング・セッションのあとで、背中の安全な感じはとても意外だったと彼女は語った。いつもはかゆいので背中をひどく掻きむしるからである。かゆみは「主体から切り離された身体感覚」と考えられ、安全な感じは「主体とつながったフェルト・センス」である。次にボディマッサージのフォーカシング的体験様式の日常化に対する効果を検討した。著者の一人である西澤のボディマッサージは実験参加者5 人の状態不安を統計的に有意に低減した。しかし、著者らの予想に反して、ボディマッサージによってフォーカシング日常化尺度を有意に減少させた。この結果は次のように解釈された。参加者が感じていた苦痛や緊張は他人(西澤)によってやわらげられたが、これは参加者の主体とはまったく関係がなかった。結論として、「主体から切り離された身体感覚」を主体につなげることが心理療法の重要な鍵のひとつであると考えられる。 The differences between “body sense” separated from one’s autonomy and “felt sense” are discussed. First, a female client suffering from atopic dermatitis was presented. One of the authors, Itoh applied a focusing technique at the second therapeutic interview. She felt that her back was “safe”. When she experienced “felt sense” of the inside of her elbow, she began to tremble holding her body with her arms, which seemed to show her suffering. The therapist told her to feel her back. She soon stopped trembling and said that she began to feel relaxed. After the focusing session she said that the safe feeling of her back was very unpredictable because she usually scratched her back badly because of itchiness. While the itchiness is considered a “body sense” separated from one’s autonomy, the safe feeling is a “felt sense” linked to one’s autonomy. Next, the effectiveness of body massage to the “generalization of the focusing manner of experiencing in daily life” was investigated. The body massage of Nishizawa (one of the authors) decreased the measure of “state anxiety” of five participants in a statistically significant way. However, contrary to the authors’ expectations, the body massage decreases the measure of the generalization of focusing manner in a statistically significant way. This result was interpreted as follows:. The pain or the tension felt by the participants, “body sense separated from their autonomy”, was alleviated by another person (Nishizawa), which had nothing to do with their autonomy. In conclusion, connecting “body sense separated from one’s autonomy” to one’s autonomy is considered to be one of the important keys to psychotherapy.
発行日: 2017-3
ISSN: 18817920
URI: http://hdl.handle.net/10959/4132
出現コレクション:人文 1-12+(2002-2014)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
jinbun_15_57_69.pdf299.06 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。