GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
022学習院史学 >
学習院史学 1-50,53+(1965-2012,2015) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/4052

タイトル: 〈書評〉保城広至『歴史から理論を創造する方法 : 社会科学と歴史学を統合する』(勁草書房、二〇一五年、二〇〇〇円)
その他のタイトル: HOSHIRO Hiroyuki, Integrating History and Theory: How to build a middle-range theory from historical analysis, Tokyo, 2015.
著者: 神野, 峻至
西山, 直志
長谷川, 隆一
ジンノ, タカユキ
ニシヤマ, タダシ
ハセガワ, リュウイチ
Jinnno, Takayuki
Nishiwayama, Tadashi
Hasegawa, Ryuichi
誌名: 学習院史学
号: 54
開始ページ: 71
終了ページ: 83
発行日: 2016-3
ISSN: 02861658
URI: http://hdl.handle.net/10959/4052
出現コレクション:学習院史学 1-50,53+(1965-2012,2015)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
shigaku_54_71_83.pdf422.49 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。