GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
011学習院法務研究 >
学習院法務研究 1-11+(2010-2017) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/4040

タイトル: <論説> 民法907 条の協議の意義と系譜(中) : 家事事件手続法における当事者主義的運用の基礎的研究
著者: 稲田, 龍樹
イナダ, タツキ
Inada, Tatsuki
誌名: 学習院法務研究
号: 10
開始ページ: 51
終了ページ: 137
発行日: 2016-1
ISSN: 18848737
URI: http://hdl.handle.net/10959/4040
出現コレクション:学習院法務研究 1-11+(2010-2017)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
houmukenkyu_10_51_137.pdf947.3 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。