GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
011学習院法務研究 >
学習院法務研究 1-11+(2010-2017) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/4034

タイトル: <論説> 鉄道車両信託の現代的展開 : 鉄道システム輸出と地域鉄道の整備・再生におけるルクセンブルク鉄道議定書の活用可能性
著者: 家田, 崇
小塚, 荘一郎
イエダ, タカシ
コヅカ,ソウイチロウ
Ieda, Takashi
Kozuka,Soichiro
誌名: 学習院法務研究
号: 11
開始ページ: 57
終了ページ: 116
発行日: 2017-1
ISSN: 18848737
URI: http://hdl.handle.net/10959/4034
出現コレクション:学習院法務研究 1-11+(2010-2017)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
houmukenkyu_11_57_116.pdf641.82 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。