GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
018學習院大學經濟論集 >
學習院大學經濟論集 1-51+(1964-2015) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/3856

タイトル: 共分散に関する多変量解析の可視化教材
著者: 白田, 由香利
高橋, 裕
シロタ, ユカリ
タカハシ, ユタカ
Shirota, Yukari
Takahashi, Yutaka
誌名: 學習院大學經濟論集
巻: 52
号: 2
開始ページ: 49
終了ページ: 63
抄録: 経済・経営分野における多変量解析において,分散共分散行列は重要な概念であり,それを真に理解させることは,経済・経営数学教育において非常に重要である。本稿では,分散共分散行列および,共分散を説明するために,その可視化を行う。共分散を使う多変量解析は多いが,そのなかでも,回帰分析および主成分分析は頻繁に使われる。そこで,この2種類の分析で共分散がどのように活用されるかを,標本サイズを次第に増加させながら視覚的に説明する2次元並びに3次元で可視化したインタフェイスを示す。また,時系列データの比較において,共分散が標準化された2系列データの類似度の尺度と解釈できることを示す教材を示す。
発行日: 2015-7
ISSN: 00163953
URI: http://hdl.handle.net/10959/3856
出現コレクション:學習院大學經濟論集 1-51+(1964-2015)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
keizaironsyu_52_2_49_63.pdf1.67 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。