GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
044学習院女子大学紀要 >
学習院女子大学紀要 1-18+(1999-2016) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/3659

タイトル: 医療系大学における基礎医療英語における説得納得ゲーム応用の可能性
著者: 澤口, 聡子
サワグチ, トシコ
Sawaguchi, Toshiko
誌名: 学習院女子大学紀要
号: 17
開始ページ: 47
終了ページ: 55
抄録: 医療系大学における医療系学生を対象とした基礎医療英語(必修科目通年)に「説得納得ゲーム」の手法を盛り込むことが可能であるか検討した結果の一部を報告する。当初3年間は、カルテを読めることを目的として授業を展開し、その後3年間はカルテを書けることを目的として授業を展開した。この後半3年間の2年目には学生が予習を行って授業に臨む事を目標とし、3年めに、「説得納得ゲーム」の導入を試みた。前期には日本語でゲーム手順を学習・施行し、後期に英語での施行を志したが、学生達の英単語記憶の定着が予想していたよりも悪いこと、英語を話すこと聞くことに慣れていないこと等、完全な試行に困難があった。数名には非常に手ごたえがあり、今後の試みとして、あるいは異なる学生群に対して有効性が認められるかという印象があり、本稿において報告する。また、2年目に掲げた予習という目標は、3年目の「説得納得ゲーム」の導入により7割程度の成功という成果を達成したと考えている。
発行日: 2015-3
ISSN: 13447378
URI: http://hdl.handle.net/10959/3659
出現コレクション:学習院女子大学紀要 1-18+(1999-2016)

このアイテムのファイル:

ファイル サイズフォーマット
joshidaigaku_17_47_55.pdf868.21 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。