GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
040人文 >
人文 1-12+(2002-2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/2741

タイトル: <研究論文> 日本におけるアタッチメント研究の展開
その他のタイトル: Development of attachment study in Japanese psychology
著者: 山本, 政人
ヤマモト, マサト
Yamamoto, Masato
誌名: 人文
号: 9
開始ページ: 35
終了ページ: 54
抄録: 本論文は日本におけるアタッチメント理論の受容とその後の研究の発展について検討したものである。Bowlby のアタッチメント理論は1970 年代に日本に紹介されたが、実証研究が盛んになったのは、1980 年代に入り、Strange Situation procedure(SSP)が導入されたことによってであった。しかし、SSP は日本の乳児に強いストレスを与えるため、Cタイプの出現を促進すると考えられた。また、アタッチメントのタイプと気質には明確な関連が見られなかったため、SSP による研究は衰退した。1990 年代に入り、内的ワーキングモデル概念が注目され、アタッチメント研究は再び盛んになった。特に、アタッチメントの世代間伝達に関する研究は活発に続けられてきた。世代間伝達だけでなく世代間の相互作用を明らかにすることや、児童虐待の防止につながる実践的研究を推進することが今日の重要な課題である。
The present article describes the assimilation of attachment theory and the development of attachment study in Japan. Bowlby’s attachment theory was introduced to Japan in the 1970s, and empirical studies of attachment were activated using the Strange Situation Procedure (SSP) in the 1980s. However, the SSP appeared to be such a strong stressor of Japanese infants that the number of C-type infants increased. Subsequently, SSP studies declined, because no correlation was found between infants’ attachment type and temperament. In the 1990s, an internal working model of attachment was proposed, and the study of attachment was revitalized, particularly studies related to the intergenerational transmission of attachment. Current research focuses involve examining not only intergenerational transmission, but also intergenerational interaction, and promoting practical studies that contribute to the prevention of child abuse. Key Words: attachment, mother-child relationship, internal working model, intergenerational transmission, child abuse
発行日: 2011-3-28
ISSN: 18817920
URI: http://hdl.handle.net/10959/2741
出現コレクション:人文 1-12+(2002-2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jinbun_9_35_54.pdf1.07 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。