GLIM Institution Repository >
010紀要・学内刊行物(一部学会誌を含む) >
040人文 >
人文 1-12+(2002-2014) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10959/1315

タイトル: <調査報告> 学習院大学所蔵 高松松平家旧蔵書の概要とその伝来経緯 : 華族会館旧蔵書研究の一環として
その他のタイトル: <Report> The collection of books of the Takamatsu Clan in the Libray of Gakushuin University : The contents and change of owners of the collection
著者: 坂田, 充
サカタ, ミツル
Sakata, Mitsuru
誌名: 人文
巻: 6
開始ページ: 293
終了ページ: 330
抄録: 本稿は、学習院大学が所蔵する高松松平家旧蔵書についての調査報告である。まず、学習院大学図書館所蔵図書のなかから、蔵書印などを手がかりにして34 部2, 905 冊を特定し、その目録を作成した。あわせて、関連機関の記録などをもとに、本来それらは最後の高松藩主松平頼聰から華族会館に寄贈されたものであり、後に華族会館が学習院を創立するのにともなって学習院に引き継がれた経緯を明らかにした。 その書籍は伝統的な和漢の典籍から成っており、とくに良質な漢籍を多く含んでいる点に大きな特徴があって、水戸学の影響を受けて盛んであった高松藩の学問と蔵書の状況を物語る貴重な資料と言うことができる。また、華族会館旧蔵書の一部という観点から考察することによって、明治初年に模索された華族教育の様相を解明する資料ともなり、同時に草創期における学習院の教育・蔵書の様相を物語る重要な書籍でもあることを指摘した。
This paper is a report on the collection of books of the Takamatsu Clan(高松藩)in the library of Gakushuin University. The ownership stamps of those books and some documents show that those books were formerly owned by the Takamatsu Clan, and then gifted to Kazoku-Kaikan(華族会館)by Mr. Yoritoshi Matsudaira(松平頼聰), the feudal lord of the domain of Takamatsu. The number of the books amounts to two thousand nine hundred and five. Almost all of the books are classics of China and Japan. Some of the Chinese books especially are very precious. From the collection, we can get an understanding of the scholarship and education of the Takamatsu Clan in the Tokugawa period, as well as knowledge about the learning of Kazoku(華族), the aristocracy, in the period when modern Japan was emerging.
発行日: 2008-3-28
ISSN: 18817920
URI: http://hdl.handle.net/10959/1315
出現コレクション:人文 1-12+(2002-2014)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jinbun_6_293_330.pdf6.03 MBAdobe PDFサムネイル
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。